千葉市保育所栄養士会様

千葉市保育園栄養士会様の研修で「箸の指導方法」の講師を務めさせて頂きました。
箸の指導を始める時期に皆さん悩んでいらっしゃるようで、運動機能と言語理解能力、子供一人一人の発達段階に合わせて開始時期を見極めてほしいとお伝え致しました。

最後は、鶴の箸置きと祝箸用の水引ワークをして頂きました。

受講者アンケートより

・知りたくても、勉強する機会が持てなかった内容が盛りだくさんで大変勉強になりました。

・箸について知らないことを教えて頂けてとても勉強になりました。保育所でも他の職員に伝えたいと思います。

・箸を持つための指のトレーニングの話が参考になりました。

・箸の奥深い話が聞くことができて大変勉強になりました。

・箸の指導方法は実践に役立ちます。大変良い講演でした。

・箸の奥深さがよくわかりました。

・箸の伝来の話、箸の種類などいろいろな話を聞いて参考になりました。子供の運動能力と言語能力の話はとても参考になりました。

・時間が短く感じました。今後の食育の話の中に取り入れたいと思います。

・保育士の先生方にも聴いてもらいたかった内容です。

・自分も箸が上手に使えないので練習をしていきたいと思います。どのように指導すればよいのかわからなかったので、お話はとても参考になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です